どんどん画像検索のニーズが高まってきています。直近でも全体流入の2%~5%を占めるのが一般的なようです。(C向けのサイトに限りますが。)

さてこの画像検索もこれまで以下の項目をしっかりとアルゴリズム対応できていれば上位表示ができるといわれていました。

  1. 画像のaltにキーワードをいれる
  2. 画像のあるページのテキストとキーワードの関連性を高める
  3. 画像のファイル名称にキーワードをいれる

まだ、どのサイトもそこまで画像検索に注視していないため、上記3点を対策で来ていればそこそこ高順位に表示されていました。

画像検索アルゴリズムの大きな変更

下記のような項目が画像検索において、重要視されるようになりました。

権威性:画像を掲載しているサイトのオーソリティー(権威性)が重要視されるようになりました。

⇒画像検索もかよ!と言いたいところですが、Google側からすると常にユーザーの求めている情報を表示させたいものです。「不動産情報」というキーワードで、私がいきなり詳細な不動産情報をいくつか載せたページを作ったとしても、誰しもSuumoのほうが見たいはずです。人気・知名度の高いサイトのほうが表示されやすいということです。この人気・知名度は全体的にみられていると思います。

新しさ:ページコンテンツの新しさが重視されます。

⇒当たり前といえば当たり前ですね。10年前よりも今の画像のほうが、ニーズは高いですから。ここでいう新しさは画像だけの話ではなくコンテンツです。なので画像をアップしなおしたとしてもダメです。この概念があるということは、更新性も視野に入れたほうがいいでしょう。

その他、これは今回のアルゴリズム更新で適用されたのか、前からなのかわからないのですが、ページ上部にある画像のほうが上位表示されやすいようです。

重要な画像はページ上部に設置することを推奨します。

 

画像検索はORRで順位取得可能です。無料利用可能です!ぜひとも使ってみましょう! ⇒ORR無料利用登録はこちら