6月4日のコアアルゴリズムアップデートの状況は?

SEO業界もここ数日間がやがやしています。そうそれは、令和一発目のコアアルゴリズムアップデートが発表されたためです。 とはいえ、すでにgoogleは自動化もしています。こういう発表をするときは範囲が大きいときです。

平成最後のアップデートの時から感じているのですが、ブログや記事ページからの大幅流入を図ってきていたサイトの順位が一部下がったようです。

これまでビッグワードでもいくつか記事ページが10位以内に入ってきて、さらに1~3位の間に表示されることは多々ありましたが、これら記事ページが3位⇒6位というような地味な落ち方をしている場合が散見されます。

原因として考えられることに、

  • ユーザーの検索動向が変化した
  • googleがコンテンツの理解力をさらに深め、精度が増した

の2点が考えられます。

精度というのは、ユーザーの検索動機(欲しい情報)に合致した検索結果の提供度合いです。

今回も然り、後者の方がコアアルゴリズムアップデートには大きくかかわっているのではと考えています。そのため、スモールワード、テールワードよりもビッグワードにおける検索結果の微妙な動きが多いのだと思います。
※ビッグワードの方が、検索動機が多種多様なため。

私は多数のキーワードを定期チェックしているのですが、以外と私がチェックしているキーワードはほとんど動きがありませんでした。ただビッグ系はやや多いという感想です。特に6月4日~6月6日の3日間で分散していました。

慌てないでやることはいつも同じ

SEOマスターな皆さんはご存知の通り、コアアルゴリズムアップデートに対して特効薬的な方法はありません。とにかく地道にユーザー思いなコンテンツを準備してあげることが近道です。
ユーザー思いなコンテンツは、以前googleがヒントを出しています。

  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  • このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  • 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
  • コンテンツが外注などにより量産されている
  • 多くのサイトにコンテンツが分散されている
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  • サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

私なら、これまでの評価されていたページやディレクトリを上記に見習って再チェックします。
これが遠回りそうで一番の近道です。急がば回れ!昔の人たちはよく言ったものです。

SEOの調査、改善提案も行っています。ご相談あればお気軽に。